医薬品介護と菓子について

子供の頃は親はいつまでも元気な気がしますが、やがて年老いて介護を必要とする時が来ます。まだ若い世代では意識が持てないでしょうが、必ずやってくる親の介護については、家族でもよく話し合っておくことです。介護は完全に加速がするケースもあれば、介護サービスを依頼することもできますし、そういった施設への入居もあります。現実的な問題となってくるのは、なんといってもお金の問題です。完全に家族が介護をするのは、精神的と肉体的にもハードなものです。すべてを任せることができる介護施設への入居は、メンタル的な負担は家族には少なくなりますが、費用がかかりますから家計の財政との相談になります。

家庭には常時、いくつかの医薬品がストックされていることが多いでしょう。急な発熱や痛みなども、簡単な医薬品があると、深夜など病院にはすぐに行けない時にも助かります。ストックしておく医薬品は、時々何があるかも確認をしておくことです。随分と古いお薬が残っていたり、バンドエイドも粘着力がなくなっていたなんてこともありますから、定期的に家庭用の医薬品は家族でチェックをしておくと安心です。家族の健康を守るのは、医薬品をサポートにつけながらも、基本は日々の食事です。

お菓子は子供から大人まで好きなものですし、おやつに食べたり、テレビを見ながらつまんだりと便利なものです。ですが甘い砂糖たっぷりのお菓子は、健康を維持していく上では、あまり食べ過ぎないことです。洋菓子も和菓子も砂糖を使用していますから、たくさん食べれば体重は増えやすいですし、肥満にあったり血糖値も上昇しやすくなります。ほどほどに食べるようにして、時にはお菓子をお休みにする日をつくるのも良いでしょう。

ページの先頭へ戻る