医薬品は処方箋なしでも購入できる!

ご存知のように医薬品というのは病気やケガを治したり、診断に用いたり、あるいは病気を予防したりする目的で使われます。内服薬や塗り薬、あるいは注射剤などいくつかの種類があり、また医療用と一般用に分かれます。前者は処方箋を調剤薬局に持参して、そのうえで購入します。後者は処方箋なしでも購入できるもので、たとえばドラッグストアにある風邪薬や痛みどめ、胃腸薬などの多くの薬品がこれに該当します。しかし実を言えば、医療用の医薬品には処方箋無しでも購入できるものもあります。ちょっと意外に思われるかもしれませんし、法律違反ではないかと思う人もいるでしょう。厳密に言えば、医療用の医薬品には処方箋が無いと購入できない物と、処方箋無しでも買える物の2通りがあり、もちろんこの場合は後者の方を指します。処方箋無しで医療用医薬品が買えるメリットは、やはり病院で順番を待たなくてすむことです。病院に行って待つだけの時間がある場合はともかく、普通勤めたりしている場合は、休み時間を利用してもなかなか診察を受けられない、薬を処方してもらえないというケースもあります。そのため、薬局の店頭で医療用医薬品が手に入るということは、とてもありがたいことなのです。また、診察代もかからなくてすみます。ただし、処方箋無しでの医療用医薬品購入というのはあくまでも例外的なものです。種類としては副作用の少ない鎮痛剤や胃薬、軟膏などのごく一部に限られています。また、取り扱いのある薬局もかなり限られていますので、医療用医薬品を購入したい場合は、一度店頭で尋ねてみることをお勧めします。もし販売してもらえる場合は、まず店頭で薬剤師さんが症状について聞いたうえで、薬を売ってくれるようになっています。

医薬品は効果も大きいが副作用も怖い

今日、コンビニなどでも簡単に医薬品を手に入れることができます。医薬品は大きく分けて2種類に分けられます。一般用医薬品と医療用医薬品です。一般用医薬品はドラッグストアや薬局で購入することができるもので、さらに第1類、第2類、第3類の3つに分けることができます。注意が必要なものから順に第1類に分類されていきます。第1類の薬を購入する場合、薬剤師の対応でのみ購入することができます。第2類、第3類は登録販売者もしくは薬剤師から購入することができます。医療用医薬品は病院やクリニックで受診し医師による処方箋を持って薬局に行く事で手に入れることができます。医療用は一般用より効果が大きいので正しい服用が求められるため医師や薬剤師を通してのみ手に入れられるようになっています。薬は身体にとって異物です。そのため、どんな薬にも副作用は存在します。しかし、薬を服用した全ての人が副作用に悩まされるわけではありません。それは個人差、服用の仕方、服用した薬によって副作用のリスクは変わってくるからです。経口で服用した場合、多くが肝臓で代謝されて血中に移行します。決められた量より多く服用すれば血中に多く移行するので副作用のリスクは大きくなります。また、体重で量が決まっている薬剤もあります。家族の人が病院などでもらった薬を他の人が服用したりすると副作用の発現につながることになることもあります。(特に小児用の薬に多いです。)また、飲み合わせによっても副作用のリスクが大きくなる場合があります。例としてCa拮抗薬とグレープフルーツジュースを一緒に服用すると、Ca拮抗薬の降圧作用を増強してしまうため副作用出現のリスクが大きくなってしまいます。

医薬品の偽者に注意!

国内の一般的な薬局で市販されている医薬品は正規品であると考えて差し支えないものの、世の中には人気の高い医薬品ともなれば偽物も流通しているのが事実です。特に通信販売がよく用いられるようになったことにより、多くの偽物が流通するようになってきています。古くには麻薬や向精神薬が最も多く流通しており、それに続いて性機能を高める薬が広く扱われてきました。安価に提供されていることに着目して使用したいと考える人も多く、うっかり偽物を手にしてしまうということがしばしばあったのが事実です。現在でもそういった状況は続いており、ずっと飲み続けなければならない薬や不足が嘆かれているような薬はその典型例となっています。高血圧や脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病の治療においては一度薬を飲み始めてしまうと一生涯飲み続けることが必要になる場合がほとんどです。その医療費を少しでも削減しようと通販による個人輸入を試みた結果、偽物を手に入れてしまうことになってしまうというケースがあります。また、インフルエンザ治療薬のように不足が社会的に取り上げられたものについてもその高い需要から偽物の流通が相次いでいます。また、近年では美容に対する要望が高まっていることを受けて、育毛剤やダイエットに関わる薬の偽物の流通も著しくなってきています。こういった形で誰もが欲しいと思う医薬品ほど個人輸入によって偽物を手にしてしまうことになるリスクが高いという状況ができています。偽物を作って流通させる側もできるだけ稼ぎたいと考えて需要の高い医薬品の偽物を作るからです。個人輸入によって少しでも医療費を安くしようと考えるときにはその点に注意が必要であり、信頼できる流通業者を利用することを重要視しなければなりません。

■夜になかなか眠れない人はこの医薬品を使ってみませんか?
睡眠薬 通販

ページの先頭へ戻る